お気に入りの美容室・美容院&ヘアスタイルがみつかる!

クーポン付き美容室・美容院の検索&予約ならヘアマグ

 

文字サイズ
小中大

美容室・美容院検索サイト ヘアマグTOP > 教えて!髪のなんでもQ&A > vol.48 梅雨の湿気でスタイリングが決まらない!

animus salon

スタイリスト
尾松悠佑さん

【2010/07/08 質問者:ちいさん(42歳/女性)】

編:
じめじめとした日が続くこの季節。「広がる」「クセが出る」「ペタンとする」…とケースは様々ですが、多くの方が「スタイリングが決まらない」と悩んでいるようです。なぜ、梅雨時は髪のコンディションが乱れてしまうのでしょう?
尾松:
髪本来の適切な水分量は12~14%ですが、髪は35%まで水分を貯めることができます。湿気が多いと、剥がれたキューティクルから余分に水分を吸収してしまい、髪の内部にまで侵入。水分量のバランスが崩れ、コンディションが乱れてしまいます。
編:
湿気により、髪が広がる人とペタンとしてしまう人がいるのはなぜですか?
尾松:
どちらもダメージが主な原因となります。前者は、剥がれたキューティクルが水分により膨張し、一本一本の髪が違う動きになることで広がりやすくなります。一方後者は、細毛でハリやコシのない方に多く、水分を吸収し過ぎて髪が重くなりペタンとしてしまいます。
編:
聞けば聞くほど、湿気が憎くなってしまいますね(笑)。
尾松:
対策としては、剥がれたキューティクルを補修してあげることが大事! 髪を乾かす時にはキューティクル補修成分の入ったアウトバスオイルを使用し、カラーを施術する際は必ずトリートメントをすることをオススメします。梅雨時期にはトリートメントの回数を増やし、できれば3週間に一度は美容室で髪質に合ったトリートメントを受けていただきたいですね。
編:
やはり髪のプロに相談するのが一番、ですね!
尾松:
最近では、低温度なアイロンと低刺激な薬剤を使用したプチストレートのようなメニューも登場しています。毛先にカールを残すこともでき、「縮毛矯正のようにピンピンしたストレートは嫌」という方にオススメです。一人で考えず、美容室で悩みと希望を相談してみてください。
編:
では最後に、湿気や雨に影響されにくい手軽なスタイリング&アレンジ法を教えてください。
尾松:
そうですね。やはり、フワフワしたものよりは、カチっとしたタイプのほうがもつと思います。ピンは細かく打つと◎。コテを使う場合は、軽めのスプレーをした後に巻くようにしましょう。その際、巻くパネル毎にスプレーするのが長持ちさせるポイントです!
編:
じめっとした気候だからこそ、パッと顔を出したアップスタイルで気分を上げるのもいいですね。ありがとうございました!

animus salon

渋谷区神宮前6-6-8 1F
TEL:03-5467-3658

<<細くてコシのない髪。すぐにペシャンとしてしまいます

跡が残りにくいまとめ髪術を教えて!>>

ページトップ